読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えーりたのぶろぐ

HSのことを主に書きます

海賊ミラクルローグについてガイド的なもの

はじめに

初めましてエーリタと申します。

そんな私はローグというヒーローを今回の海賊ミラクルまで今まで使ったことがほとんどなく、そういったローグをあまり触った事のない方向けにに手助けになればと思い簡単なガイドを書くことにしました。

 

今月使用したデッキリストと戦績

f:id:eritaneko27:20161222182344p:plain

f:id:eritaneko27:20161222182429p:plain

f:id:eritaneko27:20161221044218p:plain

 

 

恐らくは現時点でポピュラーなリストからブラッド・メイジサルノス→クエスト中の冒険者になっております。

サルノス→クエストにした理由としましては・・・ナイフの雨、アジュアドレイク、ガジェッツァンの競売人等で十分サイクルが回り、それより使い勝手はもちろん違いますが2枚目のエドウィンとしてクエスト中の冒険者を採用しました。

それと怪盗紳士の枚数なのですが1枚のリストもみかけますが、個人的にはマリガンや序盤の最低限の動きが確保できるので2枚の方が良いと思います、後半に引いてもリソースを補充できますので

 

 

 

 

海賊ミラクルローグについての雑感や基礎的なこと

f:id:eritaneko27:20161221135436p:plainf:id:eritaneko27:20161221135510p:plain

 

バッカニーア&パッチーズのおかげで今までのローグだったら1ターン目パス2ターン目ヒーローパワーが基本だったローグの序盤がかなり強くなりました。

そのような序盤の動きを手に入れたことによって相手の動きが悪かった場合アグロのような相手のライフを早期に削るプランもとることができます。

もちろん今までのようなガジェッツァンの競売人でデッキをまわしリソースを確保できるといった動きも非常に強力です。

多分ローグを敬遠している方や使った事があるけど上手く勝てなかった方というのはガジェッツァンの競売人のためにスペルを貯めなくてはと思いボードを取ることを疎かにしてしまったり、盤面を取るために呪文を撃っていいのか?といった事を思っていたと考えますが、このデッキは先ほど書いた海賊たちを手に入れたことで今までよりもより単純なビートダウンデッキとなりました。

 

デッキの弱点として全体除去が貧弱なナイフの雨しかありません。なので基本的にはボードの主導権を1度相手に渡すと打点を継続的にだすのは苦労するので主導権を掴むためにスペルはどんどん使っていって良いと思います。(もちろん手札や相手によって変わりますが・・・)

 

 

ガジェッツァンの競売人と隠蔽について

 

 ガジェッツァンの競売人を隠蔽で隠すことだけが勝ち筋ではありません。

ガジェッツァンの競売人を隠蔽で隠して数多くドローすることは非常に強力ですが、最終的目標はデッキを0にすることではなく相手のライフを0にすることです。

(最終目的を間違えるなというだけで競売人を隠せるときは隠した方が良いです、競売人と隠蔽をセットで使えるのはHS屈指の強いの動きなので)

 

f:id:eritaneko27:20161221150429p:plain

また隠蔽は4点以上の全体除去がないヒーローに対してこの様に打点を場に残すといった使い方も非常に有効です。こうして冷血で強化したアジュアドレイクや墓荒しで2回殴って勝ちといったことも多くあります。

 

 

 

基本マリガンについて

マリガンについては全ヒーロー怪盗紳士ちんけなバッカニーアをマストキープです。

私はもしどちらも最初のマリガンできてしまった場合はバッカニーアのみをキープしていました。

f:id:eritaneko27:20161221135948p:plain

エドウィンのキープ基準なのですが後攻であれば単独でもキープ、先行なら段取り死角からの一刺し等がある場合キープというのが良いと思いました。

このカードは後攻1ターン目コイン、偽造コイン、死角からの一刺しで8/8でててきたり、もっと大きいサイズで序盤から出せることもたくさんあり楽に勝つこともあるパワーカードなので出来るだけキープしたいです。

段取りは先ほど書いた1マナミニオンがマストで欲しいカードなので1マナミニオンがない場合は基本的には返しました。ドルイドの錬気と違いマナを増やすカードではないので単独でキープするカードではないと思います。

 

 

 

 

ヒーロー別のマリガンと軽い対策

メイジ、パラディン、ハンターの3ヒーローは現在ラダーにあまりいなく私自身対戦回数が少ないので今回は書くこと避けさせてもらいます。

 

シャーマン

追加キープ 死角からの一刺し、腹裂き、SI7、墓荒し(1マナミニオンがキープできたときのみ)

 

今環境にいるシャーマンが7,8割アグロなのでアグロシャーマンについて書きます。

アグロシャーマンには受け身になっていてはダメージレースで確実に負けます。なので多少カード損を恐れずに相手に処理を押し付けるような動きをするのが良いと思いました。

また相手が炎まとう無貌のもの(4マナ7/7)を出せるマナになっても出さなかった時に昏倒を有効に使える場面がきたならば、無貌のものに以外に恐れず使って良いです。

 

 

 ウォリアー(海賊ウォリアー)

追加キープ 段取り、死角からの一刺し(両方とも1マナミニオンが確保できたのみ)

海賊ウォリアーは最も厳しいと感じるマッチアップです。

なので1マナミニオンを全力で探しに行きます、相手の武器を防ぐ手段をこちらは持っていませので冷血等を上手に使いダメージレースで勝つ他ありません。

 

 

ウォーロック (レノロック)

追加キープ SI7、墓荒し

レノロックにはボードを丁寧にとり相手の様々な全体除去に引っかからない事が重要です、またこのマッチではガジェッツァンの競売人が非常に重要です。

 

 

ローグ 

追加キープ 死角からの一刺し、SI7、墓荒し、段取り(1マナミニオンがキープできたときのみ)

ミラーマッチは殴り合いです。相手の墓荒しに昏倒を使用することはかなり有効です。

またさきほど説明したように相手に全体除去も挑発もないため、冷血をつけたミニオンを隠蔽すると勝ちに近づきます。

 

 

ドルイド

追加キープ SI7、墓荒し

エドウィンやクエスト中の冒険者に対抗する手段がマルチしかなく現在のドルイドには必ず入っているという訳ではないので、積極的に大きいミニオンを出すことを狙っていきましょう。

 

 

プリースト

追加キープ 死角からの一刺し、SI7、墓荒し

カバールのカギ爪のプリーストがあるので極力相手のミニオンを処理したく、こちらのミニオンが盤面に残すように立ち回ると相手はヘルス1等を削れないので有利トレードを行いやすいです。

4/4エドウィンはプリースト相手のときは考慮します。

 

 

あとがき

ここまで読んでいただきありがとうございました。私もまだまだ下手なのでこのブログの内容にこだわらず自分で工夫していくのが良いと思います。

もしなにかあれば、コメントやTwitterで質問していただければ答えられる範疇であればお答えします。

 

twitter.com